2010年01月17日

小沢氏「国民が理解したから政権与えてくれた」(読売新聞)

 「決して法に触れるようなことをしたつもりはありません」。

 名古屋市内のホテルで13日夜に開かれた民主党愛知県連の政治資金パーティーで、小沢氏はあいさつの中で陸山会の問題に触れ、前日の記者会見と同じ主張を繰り返した。

 「政治団体のことでご迷惑をおかけしている」「反省して静かにしていたつもりだったが、またまたお騒がせし、不徳の致すところだ」と謝罪を交えながらも、「政治団体のことは昨年春に突然持ち上がった。それでも、国民のみなさんが理解してくれたから、総選挙で民主党に政権を与えてくれた」などと強弁した。

 このパーティーの前、JR名古屋駅の新幹線ホームに到着した小沢氏は、待ち構えた数十人の報道陣に囲まれた。「事務所に捜索が入ったがどうか」「説明責任を果たしたと言えるか」などと矢継ぎ早に質問が飛んだが、何も答えないまま。一般の乗客とは別の通路を通って、駅の外で待っていた車に乗り込んだ。

「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待−鳩山首相(時事通信)
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
シベリア抑留に給付金支給へ、特措法成立見通し(読売新聞)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
posted by rl8oupel2t at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。